• トップ
  • 宗教情報PickUp
  • 報道レビュー
  • 11月14日 「イスラム国」の掃討を目指す米国主導の有志連合は、ワシントンで臨時の外相会合を開き、共同声明を採択して結束を再確認 指導者アブバクル・バグダーディ容疑者が死亡したことも踏まえ、掃討作戦が「新段階」に入ったと指摘 各国が作戦に注力する重要性を共有した
文字サイズ: 標準

宗教情報PickUp

報道レビュー