全戦没者追弔法会  表白文全文

 敬って、尽十方無碍光如来、三世十方の三宝に曰して曰さく。
 如来、つねに智慧の光明を放って普く三界を照らしたもう。
 われら衆生、昿劫よりこのかた無明煩悩に覆われ、永く生死の苦海に沈淪して出離の縁あることなし。
 阿弥陀如来かかるわれらを憐れみたまいて、念仏往生の誓願を発(おこ)したもう。
 しかれば、釈迦如来はわれわれ衆生に真実の利を恵まんと欲(ほっ)して、大無量寿経を説きたまい、宗祖親鸞聖人は顕浄土真実教行証文類を撰述し、以て如来の本願を明らかにし、念仏の大道を開示したまえり。
 願わくば、われらこの真実の教法を聞信し、永き無明の迷闇をはらさんことを。
 本日ここにわれら、真宗本廟において親しく宗祖親鸞聖人のまえに坐すことを得て、全戦没者追弔法会を厳修することになりました。このときにあたり、一つには過去の罪障を懺悔し、二つには現在の遇法を慶喜(よろこ)び、三つには将来に同朋社会の実現を期したいと存じます。
 第一に、過去の罪障を懺悔するというは、過ぐる大戦においてわれらの宗門が、「強き者は弱気を伏(ふく)す、転(うた)た相剋賊(あいこくぞく)し残害殺戮(ざんがいせつろく)して迭(たが)いに相呑噬(あいどんぜい)す」という第一の悪に自ら荷担し、それを「聖戦」と呼び、「まったくおおせにてなきことをも、おおせとのみもうす」罪を犯したことであります。
 実(まこと)に、五逆謗法の咎(とが)逃れがたく、今更(あらた)めて全戦没者の悲しみを憶念しつつ、ここに真宗大谷派が無批判に戦争に荷担した罪を表明し、過去の罪障を懺悔いたします。
 第二に、現在の遇法を慶ぶというは、そのわれらの罪障にも拘わらず、「謗法闡提回心皆往(ほうほうせんだいえしんかいおう)」の金言が示す如く、今日浄土真宗の教法に遇うものは三界を超え生死をはなれる道に立つことができるのであります。
 それ故に過去の罪障を我が身にひき受けて、全戦没者の心奥の願いと共に、浄土に向かって立ち上がることができるのであります。この絶望の世にあってしかも真の希望を見出すことができるのであります。これまことに現在遇法の慶喜(よろこび)であります。
 第三に、将来に同朋社会の実現を期(ご)すといふは、現在遇法の慶喜(よろこび)をもって、本願念仏の教法に生きる者は「同一に念仏して別の道なきがゆえに。遠く通ずるに、それ四海の内みな兄弟とするなり」という阿弥陀仏の浄土の、荘厳功徳を現生のこの身に受け、やがて、死者と生者が一つに出遇い、国家や民族の境を超えた「同朋社会」の実現に向かって生きる者となるのであります。
 今、われら親しく、宗祖親鸞聖人の尊前に坐す。座して深く聖人の意(こころ)を聞かんと欲す。
 無明長夜の燈炬なり
  智眼くらしとかなしむな
  生死大海の船筏なり
  罪障おもしとなげかざれ
  願力無窮にましませば
  罪業深重もおもからず
  仏智無辺にましませば
 散乱放逸もすてられず
 われら真宗門徒、この聖人の和讃を誦しつつ、無辺の仏智に照らされ、無窮の願力に乗託す。以て、ここに非戦平和の誓いを表白し、「当(まさ)に渡世(どせ)を求めて、生死衆悪(しょうじしゅあく)の本(もと)を抜断(ばつだん)すべし」の仰せを蒙って、無辺の生死海を盡くさんと欲す。
 願わくは、三宝、哀愍照護し給わんこと。
平成二年四月二日
釋闡教 敬って曰す。
式務部長 大谷演慧

出典:『文化時報』1990年4月7日